• 転職ガイド

いつの日付を書くの? 住所はどこから書くの? 基本データの書き方

履歴書に限らず氏名や住所、生年月日は普段からよく書く項目です。慣れた部分だからこそ履歴書記入のルールやマナーに気を付けて書かなければいけません。ここでは普段から記すことの多い項目を「基本データ」として、それぞれの記入ポイントや注意点をご紹介します。

 

採用担当者が第一印象を決めるのは基本データから

氏名、住所などの基本データは採用担当者が始めに目を通す部分であり、履歴書の第一印象となる部分でもあります。

書き慣れている情報だからこそ、丁寧に誤りなく書くことを心がけましょう。

 

日付

郵送する場合は投函日、直接渡す場合は当日の日付を書きます。記入日の日付では複数応募用に書き溜めたのかと思われてしまいます。

 

氏名・押印

氏名は戸籍の文字で記入します。ふりがなは、記入欄に「ふりがな」とあれば平仮名で、「フリガナ」とあればカタカナで記入します。

押印欄がない履歴書もありますが、もし押印が必要な場合はかすれたり曲がったりしないように気を付けましょう。

 

生年月日・年齢

年の表記は他の項目と西暦・和暦を統一します。どちらでも構いません。ここで西暦で記入した場合は、以降の学歴・職歴欄も西暦を使って表記を統一します。

年齢は履歴書を提出する時点の年齢を書きます。

 

住所

都道府県名から記入します。マンション名などは省略せず、-(ハイフン)は使わずに「〇丁目〇番〇号」とします。

 

連絡先

市外局番と個別番号は-(ハイフン)を使ってわかりやすくします。

携帯番号だけでもOKですが、どちらを記入する場合でも「(自宅)」や「(携帯電話)」と記しておくことがマナーです。

メールアドレス欄がある場合は個人のアドレスを記入します。プロバイダメール以外でもフリーメール(GmailやYahoo!、Hotmailなど)でOKです。在職中だからといって会社のアドレスを書いてはいけません。

アドレスは読みやすく真面目な表記のもので、文字の間違いやハイフン、アンダーバーの位置などわかりやすく書きましょう。

履歴書にメールアドレス欄がない場合にメールでの連絡を希望するときは「本人希望欄」に記載します。

 

まとめ

    • 基本データはあなたが一番書き慣れている部分ですね。氏名、住所などわかりきったことだからこそ、ミスや手抜きが出やすい箇所とも言えます。日付は投函日、もしくは手渡す日を。氏名は戸籍通りに書き、住所は都道府県から記入など、簡単なようでコツがありますので気を付けながら丁寧に書いていきましょう。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
    営業318
    飲食・販売・接客458
    電気、電子、機械、半導体、制御349
    事務職・管理1,012
    企画・経営39
    医薬、化学、素材、食品109
    製造672
    物流446
    ITエンジニア188
    クリエイティブ105
    保育・教育・公務員119
    建築・土木技術職62
    医療・看護・福祉649
    コンサルタント・士業・金融・不動産69
  • 勤務地を選択
    西部エリア1,871
    中部エリア2,398
    東部エリア1,639
    伊豆エリア474
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    休日
    勤務時間
    賃金
    福利厚生
    募集
    休日
    勤務時間
    賃金
    福利厚生
    募集
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択