• 転職ガイド

面接官はココを見る!服装と身だしなみのポイント

面接にどんな服装で行くか迷ったら、応募先の客層に合うような恰好に整えましょう。
そこで、転職活動の面接におすすめの服装を男女別にご紹介します。

清潔感・TPOを意識する

一般的にいえば、身だしなみは「無難」に整えて損することはありません。なおかつ清潔感のある服装がベターです。「高いスーツ」より「体に合ったシワのないスーツ」を着ること。シャツやブラウスにはアイロンをかけ、首回りや袖に汚れがないか気を配ってください。

男性

【髪型】手入れされていない髪型、寝ぐせはNG。短髪・黒髪がベター
【顔】よほどのこだわりがない限り、ひげはきれいにそっておくほうが無難。
【スーツ】紺、グレー、黒系のシングルスーツとネクタイを着用するのが基本。体に合っていて、汚れやシワのないもの。
【アクセサリー】結婚指輪以外は、はずしておく。時計はビジネス仕様のものを。
【かばん】A4の書類が入る、黒・茶系のものを。
【足元】靴をチェックする面接官は多いので、汚れていないか、底はすり減っていないかなどの確認を。白い靴下はNG。

 

女性

【髪型】髪が長ければすっきりとまとめる。顔に髪がかかると暮そうな印象を与えやすい。カラーリングは派手すぎなければOK
【顔】メイクは濃くなりすぎないように気を付ける。ノーメイクも礼儀知らずだ。いわゆるナチュラルメイクがお勧め
【スーツ】ベージュ・グレー・黒など落ち着いた色をセレクト。ブラウスはリボンやフリル付は面接の場にそぐわないのでNG
【アクセサリー】華やかになりすぎない程度ならOK。基本的には香水はつけていかない。
【かばん】男性と同様、A4の書類が入るものを。
【足元】汚れやかかとのすり減りは、だらしない印象に。ストッキングの伝線も要注意。

まとめ

  • 転職活動での服装選びの最大のポイントは、相手が好感を持てる服装を選ぶことです。服装や身だしなみによる第一印象は評価に大きく影響します。ツボを押さえて第一印象をアップしましょう。
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択
close
  • 職種を選択
    営業328
    飲食・販売・接客497
    電気、電子、機械、半導体、制御426
    事務職・管理1,037
    企画・経営43
    医薬、化学、素材、食品111
    製造802
    物流474
    ITエンジニア216
    クリエイティブ137
    保育・教育・公務員138
    建築・土木技術職68
    医療・看護・福祉709
    コンサルタント・士業・金融・不動産75
  • 勤務地を選択
    西部エリア1,995
    中部エリア2,579
    東部エリア1,833
    伊豆エリア479
  • 詳細条件を選択
    施設形態
    資格
    雇用形態
    働き方
    休日
    勤務時間
    賃金
    福利厚生
    募集
    休日
    勤務時間
    賃金
    福利厚生
    募集
  • 職種を選択
  • 勤務地を選択
  • 詳細条件を選択